So-net無料ブログ作成
和紙のこと ブログトップ
前の10件 | -

和紙の加工 [和紙のこと]

      和紙は こんにゃくのりをつけて もむと


     017.JPG

 

       紙が強くなったり 雰囲気が出ます。


      002.JPG

 

          こんな風にカーテン(間仕切り) に使うことも可能です。


          和紙の加工 また そのやり方のレクチャー


          いろいろご相談に乗らせていただきます。


          遠慮なくお問い合わせくださいませ。


          わがみやうめだは GW中 本日 2日、それから6日を営業。


          8日からは 通常通り営業いたします。


          よろしくお願いいたします。


          和紙で暮らしに いやしとうるおいを~♪


          今日は和紙の加工についてお届けしました。


          〒 700-0822  岡山市北区表町 1-2-36

          わがみや うめだ  電話 086-231-3371



nice!(1)  コメント(0) 

オリジナル染和紙 [和紙のこと]

    仙台のお客様からのご注文で

 001.JPG

      備前焼 風の 柿渋染め和紙と

 004.JPG

       黒い紙に 柿渋 + 松煙(しょうえん)で 艶のある 独特の黒い紙

       キラ(雲母) を 使って 模様をつけて作ってみました。

       何枚かは 仙台にお嫁入り☆

       金色のアクリル絵の具を散らしたのは クレドのミュゼの 『紙展』 に

       何枚かは お店に置いています。

       地方発送も承りますので お気軽にお問い合わせくださいませ。

       和紙で暮らしに いやしとうるおいを~♪

       今日は 別注の染和紙を レポートしてみました。

           〒 700-0822  岡山市北区表町 1-2-36

            わがみや うめだ  電話 086-231-3371   

 

 


nice!(0)  コメント(0) 

千代紙が入荷しました。 [和紙のこと]

  千代紙が入荷しました

       010.JPG

   新柄含め 約30種類。

       002.JPG

       このようなかわいいノートも入ってます

           004.JPG

           柄は全部で三種類。

           わくわくするような、色、柄です。

          今日は、新入荷商品のご案内でした。

 

         和紙で暮らしに いやしとうるおいを~♪

         〒 700-0822  岡山市北区表町 1-2-36

          わがみや うめだ  電話 086-231-3371 

 

 


nice!(0)  コメント(0) 

本美濃紙 [和紙のこと]

  本美濃紙 を 手にしてみる機会がありました。

     067.JPG

     印象は とてもきれい。

     チリひとつなく 白というより透明(これは、美濃の紙漉きさんの 言葉をお借りしてます)。

               070.JPG

               今回は 澤村正さんが 漉いた紙でした。

               思ったより 薄いかな(障子紙として使うには) と 感じましたが

               光を 通すと より美しいんだろうなと 思いました。 

           072.JPG

           貴重な経験。

           和紙が注目されるのは  とてもありがたいことです。

 

                      〒 700-0822  岡山市北区表町 1-2-36 

                       わがみや うめだ  電話 086-231-3371 

 

 


nice!(0) 

変わった紙が入荷してます。 [和紙のこと]

   長野県の内山手漉き和紙さんから

  003.JPG

  このような、変わった紙が入荷してます。  

  湿らせて、やわらかくして、巻くと・・・

     027.JPG

     ペットボトルカバー として、ペットボトルやコップにお花を活け 花器代わりに使ったり

     明かりを通して、演出してみたり・・・

     柿渋や 絵の具で染めて 平たいまま、壁掛けのようにして使っていただいたり

     いろんな可能性があると思います。

        031.JPG

        土佐からは、ざる紙。

        ちょっとした小物いれとして使っても面白いです。

          006.JPG

          こちらは、わがみや オリジナル。

          柿渋染めの 和紙のトレーです。

          お皿として使っていただいたり、額の代わりにして 絵手紙を飾ったり。

          いろいろ楽しい紙が、ありますよ~ 使い方いろいろ♪

             〒 700-0822  岡山市北区表町 1-2-36 

              わがみや うめだ  電話 086-231-3371

  追伸。 わがみや うめだ はカレンダーどおりの営業です。
       4月30~5月2日 は通常通りの営業。
       5月3~6日はお休みさせていただき、7日~通常通り営業いたします。

       よろしくお願いいたします。

 

 


nice!(0) 

桜・・・もうすぐです。 [和紙のこと]

    桜の開花が、もう間近になりました。

     そこで・・・

    020.JPG

    お店のエントランスを、桜シリーズで、まとめてみました。

    ぽち袋、たんす、便箋にはがき・・・・などなど。

       また、春になると、うきうきして、何か作ってみたくなったりしません?

       わがみや うめだ には、アジアの紙も充実

      004.JPG

      タイ、ネパール、インドネシア、フィリピン・・・

     003.JPG

     東南アジアの手すき紙は ユニークなものがいっぱい

     008.JPG  お値段もリーゾナブルです。

    何かちょっと 気分転換 お部屋の模様替えにいかがですか?

             今年の桜は・・・いつ咲くのかな?

         〒 700-0822  岡山市北区表町 1-2-36

          わがみや うめだ  電話 086-231-3371

 

 

     


nice!(0) 

ユニークな和紙 [和紙のこと]

   わがみや うめだ には、ユニークな形の和紙もあります

      010.JPG

   角のほうは一辺約20cmの正方形、丸は、直径約20cm

   真っ白で、原料はパルプだと思います。

   ちょうど、牛乳パックを使って作った紙のイメージです。 

   どちらも¥158-とお手ごろです。

      011.JPG

   こちらは、土佐楮 100% の藤原正彦さんの手漉き和紙

   小さいほうは直径20cm(210円) 大きいのは直径33cm(525円)です。

   以上ご紹介しました4点は、どれも厚みがしっかりあって、

   花瓶敷きや、絵手紙を書いたはがきを飾るためのハガキかけなど

   色んな用途に使っていただけると思います。

       そしてもう一点、同じく藤原正彦さんの ざる紙

      016.JPG

   ざるの直径約12cm  お菓子を入れたり、柿渋や絵の具で染めると

   色んな表情になりそうです。

   ひとつ210円。 白と生成り 粕入り があります。

     今日はユニークな和紙のご紹介でした。

          〒700-0822 岡山市北区表町1-2-36

           わがみや うめだ ℡ 086-231-3371

            営業時間 午前8時30分~午後5時30分 

                定休日 日曜、祭日

 

 


nice!(0)  コメント(0) 

紙の紹介 [和紙のこと]

   わがみや うめだ には、和紙(日本の紙)だけでなく、世界の紙があります。

      今日は、まず、タイ国の紙のご紹介。

     002.JPG タイ手漉き 糸入り紙

  これを果たして、紙という分類にしていいのか? という疑問もありますが・・・

  たて、横に編んだ糸に パルプの繊維をかけて、仕上げてます。

  夏、ドアを開けっ放しにして、間仕切りに、また、窓際でちょっとした目隠しに。

      もう一枚こちら

     005.JPGタイ手漉き ガーゼ貼り水玉模様

   ガーゼの上に、紙の繊維を流して、まだ乾かないうちに、指か何かで水玉模様をつけた

   と推測されます。

   ガーゼがベースなので、破れる心配がありません。

   何枚かつないでインテリア(壁掛け)に、また、ちょっとした間仕切りにも好適。

   厚い紙なので、ラッピングには不向き・・・丸めて灯りにはなるかも。

     これから、いろいろ楽しい紙をご紹介していく予定です。

     よろしくお願いいたします。

            〒700-0822 岡山市北区表町1-2-36

            わがみや うめだ ℡ 086-231-3371

             営業時間 午前8時30分~午後5時30分 

                 定休日 日曜、祭日

 

 


nice!(1)  コメント(2) 

雲竜紙を、つないでみました。 [和紙のこと]

お客様からのご要望で、雲竜紙(楮の長い繊維が入った紙)をつなぎました。

    005.JPG

  濃い緑と、薄い緑の、二色を交互に、4枚つなぎました。

          004.JPGこんな感じ

  お急ぎでいらっしゃったので、つないだところの 糊を乾かすのに 使ったのがこれ

         094.JPG

   裁縫用のアイロンです。

   和紙は、しわを伸ばしたりするときにも、アイロンを使ったりします。

   雲竜紙は、窓際などに飾って、光を透かしてもきれいです。

   今日は、雲竜紙のご紹介でした。

               〒700-0822 岡山市北区表町1-2-36

                わがみや うめだ ℡ 086-231-3371

                  営業時間 午前8時30分~午後5時30分

                      定休日 日曜、祭日

 

 


舞台装置 [和紙のこと]

舞台の装置(バック)に紙をつないで大きな壁掛けを作って下さいという依頼がありました。

デザインと紙を決めて、早速作ってみました。

   040.JPG

まず、和紙を強くするため(簡単に破れたりしないようにの工夫で) こんにゃく糊を塗りました。

それから、2x3判(60x90cm)の紙を8枚つなぎました。

     045.JPG

この状態で、大きさが約横180cmxたて240cmです。

もう一度こんにゃく糊をつけて、もみ加工を入れました

      057.JPG

こんにゃく糊を塗ることで、紙が強くなると同時に、汚れもつきにくくなるように思います。

     059.JPG

上の部分に棒をつけるわっかの紙を貼り付けて完成。

和紙をつないだり、こんにゃく加工をしたりの作業を承ります。

作業の様子などご興味があるかたは、サブブログ 「染め和紙日記」 をご参考にしてください。

染め和紙日記 → http://tsuyoume-somewashi.blog.so-net.ne.jp/

    062.JPG

染め和紙日記には、藍染めの加工の様子なども載せてます。

                 〒700-0822 岡山市北区表町1-2-36

                  わがみや うめだ ℡ 086-231-3371

                  営業時間 午前8時30分~午後5時30分

                         定休日 日曜、祭日

 

 

 


前の10件 | - 和紙のこと ブログトップ